So-net無料ブログ作成

バイク道!「涙の教習所編③」 [エッセイ]

『バイク道!』バックナンバー
「涙の教習所編①」http://cafereila-diary.blog.so-net.ne.jp/2010-06-09
「涙の教習所編②」http://cafereila-diary.blog.so-net.ne.jp/2011-10-20
____________________
ここは東京、二子玉川自動車教習所[車(RV)]

教官「ほらほら、こっちを見て。そうそう、乗れてるよ!うまいうまい![わーい(嬉しい顔)]
後ろ歩きをしている教官に、私の小型バイクが「テッテッテッテッテ・・・・」とついて行く。
教官「いいぞいいぞ!」(教官走り出す)
私「テッテッテッテッテ・・・・」
コレじゃまるで、自転車に初めて乗った小さい女の子とそのお父さん!
はずかしい~でも乗れてウレシイ~[るんるん]

大勢の中型が「ブルンブルン!」と占拠する中を、私は一人、小型で「テッテッテッテッテ・・・」と孤独に練習。
でもメゲるもんか。恥は一時。

そんなお一人様・小型教習も一ヶ月で無事に終え、とりあえず小型免許ゲット!
さて、いよいよ中型に再挑戦の日。
散々私を泣かせた、あのHONDA CB400に再びヒラリ!・・・ツツツ・・・と、と、と、・・・
セーーーーフ!!
つま先で(つま先しか届かん)ツンツンツンと踏ん張れるようになりました。(足、つりそう・・・[ふらふら]

あぁいいな~[黒ハート]、中型。
腰で感じる憧れの「ブルンブルン!」の低音に感動。(かっちょい~[揺れるハート]
足をツンツンさせながら(かっちょわるーい[パンチ])、やっぱりドッタンバッタンこけながら、一本橋からは滑り落ちながら(これは本当に痛いよぅ[もうやだ~(悲しい顔)])がんばり続けること、さらに一ヶ月。

だいぶ慣れて自信がついてきた頃でした。
ある背の高い教官がバイクでサーっと近づいてきて言いました。
[犬]「きみはいつも真下に足を着くが、それでは不安定だ。ほら、こうやって前の方へ足を着いてごらん。安定するから。」

「・・・教官、わからないんですか? えーえーそりゃー、教官の脚は長いでしょうよ。でも私の脚は、そんなことしても、空を切るだけなの、見てわかるでしょ?」
・・・とも言えず、私はズリズリズリ・・・と左におしりをずらし、左足を前方に思いっきり
「エイヤー![あせあせ(飛び散る汗)]」と着いて見せたのでした。(右足は完全に浮いています。)
満足げに立ち去る教官。ホッ・・・。

そして試験は3度目の正直でパス!憧れの中型ライダーになったのでした[ぴかぴか(新しい)]
卒業の日、卒業証書を渡しながら、教官が私に言いました。
[猫]「きみは体に合ったバイクを選ぶように。いいね!」
そういえば、教習車は一度も自分で起こせなかったっけ[たらーっ(汗)]
それでカワサキのバリオスをあきらめ、スズキのボルティ(乾燥重量130キロ。これならなんとかいけそう)を相棒としたのでした。

ボルちゃんと私。
免許をとって、ちょうど30歳になりました。
ボルちゃんと私s.jpg

(続く)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

美奈子

ww笑いました~ww

お久しぶりです!

けど、PASSして良かったですね

バイク乗るなんて聞いてないですよ~そしてカッコイイ[うれしい顔]

これからは寒くなるけど
今の季節は気持ち良さそうですね
事故らないように
相棒と仲良くしてください♪
by 美奈子 (2011-11-08 12:40) 

しげっち

へぇー オートバイの趣味があるとは知りませんでした。

実は僕も、高校1年の時に取ったんですが(汗)、門司自動車学校で、確か教習車はCB400 でした。懐かしいです。教官から、『お前、足が届くのか!? 』 などとサンザン言われて(泣)何とか免許とれました。

ということは、上の写真は30歳の時のレイコさんなんですね☆
by しげっち (2011-11-08 23:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。