So-net無料ブログ作成

フレンチトースト物語 [エッセイ]

ある日の夕方、お店に一人の30代くらいの男性がいらっしゃいました。
男性はカウンターに座って、『ハニーフレンチトースト』を注文されました。

私も、アルバイトさんが帰って一人だったので、二人の空間。
私のカタカタと準備する音を、数十センチ先の男性が静かに聞いています。
手元を想像されている気がして、ちょっぴり緊張します。

5分後
「はい、できました!ハニーフレンチトーストです」[ぴかぴか(新しい)]
ハニーフレンチ.jpg

静かに食べる男性・・・
しばらくして
男性「このフレンチトーストは、東京で習いましたか?」
私 「あ、いいえ・・・(なんでだろう?)」
男性「小倉で習いましたか?」
私 「そうですね・・・習ったというか、ちょっと聞いたというか・・・」


~時はさかのぼって、1986年~
浪人中だった私は、小倉高校の目の前にあった喫茶店に、毎日友人3人と入り浸っておりました。
[喫茶店][喫茶店][喫茶店](勉強はどうした?)
お店では昔の喫茶店っぽく、ラジオがいつも流れていました。
FM福岡『細川俊之のワールドオブエレガンス』 ♪ル~ル~ル~ワールド♪ワールド♪ が流れてきたら、お昼時です。

そのお店で「フレンチトースト」なるものが出てきて、とても美味だったもので、
お店のおばちゃんに作り方を聞きました。
おばちゃん「卵と牛乳と砂糖を混ぜて、パンを浸して焼くのよ。」くらいな説明でしたが、3人とも、それぞれ家で実践![手(グー)](勉強はどうしたー?!)

次の日
私 「フレンチトースト作った?おいしかったね[わーい(嬉しい顔)]
友A「うん、私もできたよ。おいしかった![わーい(嬉しい顔)]
友B「私、ぜんぜん焼けんやった[あせあせ(飛び散る汗)]・・・10分焼いても焼けんやった・・・」
私 「え?そんなに焼かんよ。1分くらいで火を止めな焦げるよ。」
友A「どんな風に焼いたん?」
友B「トースターで・・・」

トースターはさぞやドロドロになったことでしょう。。。
フレンチトーストはフライパンで焼いてください。


~時は戻ります~
男性「へー、そうなんですか。そこは何という喫茶店ですか?」
私 「サンラインといいます。今はもうないけど・・・。おじちゃんとおばちゃんが二人でやってたお店です」
男性「フーン・・・」
私 「どうされました?」
男性「ボクはいろんなところのフレンチトーストを食べましたが、ここのフレンチトーストは、帝国ホテルのフレンチトーストに匹敵します。おいしい![わーい(嬉しい顔)]

わー、ほめられちゃったー!
帝国ホテルのフレンチトーストっていえば、有名です。私もテレビで見たことがあります。
おばちゃん、ありがとう[黒ハート]

これはみなさんにご報告したい[るんるん]と思って、物語風にレポートしました。
どうぞ今度食べてみてください。

おしまい。








nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 5

武藤 和博

Nice!
by 武藤 和博 (2011-02-24 20:46) 

ana

私もフレンチトースト大好きです。
でもしばらく忘れていました。見たら食べたくなりましたぁ~♪
radjeshとまたいただきに行きますね♪
by ana (2011-02-25 00:04) 

cafereila

私もラジェさんのカレーをいつか食べたいです!
by cafereila (2011-02-27 14:46) 

jedi4129

美味しそう!たべたーい
物語りが臨場感あって、なおさらそそります。
by jedi4129 (2011-05-16 21:47) 

cafereila

いつでも食べに来てくださいな✿
by cafereila (2011-05-24 09:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。